2008年6月23日月曜日

BoeingとAirbus

今回は飛行機に付いて話します。
基本的に大型旅客機というのは世界で二者のみが現在生産しているに近い状態です。
フランスのAirbusとアメリカのBoeing。
このごろ飛行機の動画を見るのですが、根拠も無くエアバス批判に走る人が多いですね。

日本へ一時帰国するときは様々な飛行機に乗ります。たいていはA340かB777です。
中距離の場合B737かA320です。

特にボーイングだろうとエアバスだろうと違いは感じないのですが、妙にナーバスになっている方々をネット上では見ます。
驚きです。Airbusは全く乗らないよう家族にも言っている方もいらっしゃります。そこまでする必要が?

Airbusでのオートパイロットの構造に寄る事故も日本ではありましたが、B737の尾翼蛇に問題を抱えてアメリカ国内で少なくとも2機墜落した件は?もちろんどちらとも改善されています。

結局どっちも同じぐらいなんです。わたしたちが気にするような違いはありません。

ちゃんとした航空会社なら安全です。

2 件のコメント:

Masabee さんのコメント...

ちわっす。Masabeeだ。

つまりどっちにしても飛行機に乗るというのは賭けのような物なのか?(ちょっと違うだろ。

Coconut さんのコメント...

よMasabee
賭けと考える人はいないわけじゃぁない。
ただ航空機の事故は車の事故と比べると件数もすくないし死亡者数も少ないよ。

よっぽどの悪条件か酷い航空会社でない限り気にすることではない。事故にあう可能性は極めて低い。

ただ安全性がBoeingとAirbusで著しく違うというのはおかしいかなと思った。